アパートで収入を得るには空室対策が大事

バナー

アパートで収入を得るには空室対策が大事

アパートによる不動産投資をすると、自分自身が一日に何時間も仕事をしなくても、収入が得られるようになり、将来の金銭面での不安が解消されるようになります。


しかし、不動産収入で利益を得られるようになるまでには、家賃収入がローンの支払い額を超えなければなりません。



せっかく初期投資をしてアパートを建てたとしても、1~2件入居者があらわれた程度では、家賃収入でローンの支払いを賄えない可能性があります。

よって、できるだけアパートの空室を作らないようにすることが、利益を増やす大きなポイントになります。アパートによる不動産投資を始めるにあたり、空室がまったくないという状況はまずないことを、頭にいれておいてください。必ず空室が生まれる瞬間がありますので、焦る必要はありません。



重要なのは、空室の期間を長引かせないことです。空室を埋めるためには、賃貸物件を取り扱う複数の不動産会社へ、募集の依頼をすることです。それだけ賃貸物件を探している多くの人に、目につきやすくなりますから、早く入居者があらわれる可能性が高まります。

敷金や礼金を少なくする、またはゼロにすると、入居しやすい物件として注目されます。

家賃を下げるのも有効ですが、下げ過ぎてしまうと、1件あたりの家賃収入が下がりますので、バランスが重要です。

リフォームを行うものおすすめです。



人気の間取りやデザインは年月の経過とともに変化しますので、リフォームで綺麗にすると見栄えがよくなります。